音楽

2009年12月13日 (日)

♪埼玉大学吹奏楽部第45回定期演奏会♪へ・・・

先日、お世話になっているdog友達からコンサートのチケットを頂いた。Img_0967

その埼玉大学吹奏楽部第45回定期演奏会が浦和の埼玉会館でPM2:00~開演された。

第一部

*バレエ音楽「パリの喜び」よりⅠ・序曲 *コロニアルソング *地底都市「カッパドキア」 *組曲「惑星」より”木星”

第二部

*トランペット協奏曲  *トランペットソロ:名雪貴典

第三部

交響曲第3番(ジェイムズ・バーンズ)

  第三楽章 メスト”ナタリーのために”
  第四楽章 フィナーレ/アレグロ・ジョコーソ

 吹奏楽の演奏を聴くのは本当に久しぶりでした。夫と一緒に行ったのですが、80名から100名による演奏はとっても迫力があっていいですねnotes
パンフレットを頂いた時から気になった*地底都市「カッパドキア」は八木沢教司の古代遺跡をテーマにした4作目だそうですが・・・行ってみたかったカッパドキアを連想させる曲でとっても印象的でした。
トランペットソロ:名雪貴典さんの演奏も交響曲第3番も良かったですね。Img_0971
そして、さぞ日々の練習をされたのだろうなと思いがします。大変お疲れさまでした。
チケットを下さったUさん、ありがとうございましたm(_ _)m

帰る時浦和駅前でこんなイルミネーションが・・・なぜ”赤”そうそう浦和レッズの本拠地でしたねsoccer

Img_0972

| | コメント (2)

2009年11月 6日 (金)

ハンマーフリューゲルによる演奏も・・・

コーラスを教えていただいている、先生のコンサートが所沢市民文化センターのキューブホールで開かれた。こちらは航空公園に隣接した落ち着いたホールですね。Img_0852 夜景もななかなかです。

私とKさんは西大宮駅から約1時間半で到着。時間ぎりぎりだったので、正面席はほぼ満席でピアノの鍵盤が見えるサイド席に・・・Img_0854

まずはハンマーフリューゲル
についての説明が・・・ウィーンや南ドイツの製造流派に属するドゥルケン(1815年製)のレプリカ(ノイベルト社)だそうだ。
モーツアルト全盛期のピアノフォルテとほぼ同じ頃の構造のようです。

今回は最初ハンマーフリューゲルの演奏でピアノソナタK.331(モーツアルト)第一楽章~第三楽章は先生の奥様の演奏で始まった。

初めて聴いた音色ですが、このホールの響きとあう感じで心地いいです。

次はいよいよハンマーフリューゲルによる伴奏で先生の声楽曲

クローエに寄す K.524(モーツアルト)・・・・An Chloe
夕べの想い K523(モーツアルト) ・・・・・・Abendempfindung
接吻 op.128(ベートーヴェン)  ・・・・・・・・・Der Kuss
アデライーデop.46(ベートーヴェン)  ・・・・・・Adelaide

その後もピアノでの演奏、声楽と全て原語での暗譜ですnotes発声はもちろんですが、暗譜だけでも感動してしまいます。アンコールも含めて2時間以上大変お疲れさまでした。

| | コメント (2)