« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月27日 (日)

あれから1週間・・・

Img_2933 そら豆の根元にみかんの皮をまいてから1週間経過・・・暖かかった気温も何だか冬に逆戻りのせいか、はたまたみかんの皮の効果か今までのアブラムシの所以外は進展はなく、アブラムシも動きが止まったようにみえる。
消毒のように即効ではないかもしれないが、ある程度の効果はあるのかもしれない。

2週間前に播いた人参や1週間前に播いた大根やほうれん草は何の変化もない。
草だけは伸びているので、暫く草取りを・・・Img_2934 端に植えている水仙が咲きだした。

収穫し忘れたプチヴェールはこんなに伸び過ぎに・・・芽キャベツも収穫しよう!!Img_2931

Img_2932 サニーレタスnewやブロッコリーも・・・

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

3/4に種まきした、伏見のあまなが、美味タス(半結球レタス)、サニーレタス、サンチュはやはり発芽率が悪い。良く発芽しているのはサニーレタスだけcoldsweats01Img_2935

| | コメント (7)

2011年3月20日 (日)

アブラムシにみかんの皮は有効か?

昨日に引き続き今日も畑へ・・・耕し終わったところへ、早速畝を作って、春大根、カブ、ほうれん草を播いて、いつもImg_2929のように布を被せて終了。(水をかけておいたが、今晩からの雨に期待を)

さて、昨年お友達のブログで、アブラムシにみかんの皮が有効とのことで、みかんの皮を乾燥して貯めていた。
月刊現代農業2008年11月号に紹介されていたそうで、昨日のそら豆のアブラムシに試してみることにしよう!! Img_2930
もう少し、細かくしておいた方が良かったかもしれない。

そして、結果は後日ということで、待つことにしよう!!

| | コメント (8)

2011年3月19日 (土)

今年もさつま芋の苗作りを・・・

暑さ寒さも彼岸までとはよくいわれるが、今日の気温は20度以上あった。
東北関東大震災も1週間が過ぎたが、まだまだ余震は絶えない。ただ、東京電力の計画停電は今日、中止となり、ちょっとホッとする。

昨年初めてさつま芋の苗作りに挑戦したが、今年は1ヶ月ほど早めにスタートすることにする。まずは新聞紙に包んでダンボールに入れ冷蔵庫の上にのせておいたさつま芋はいい感じに保存されていたokImg_2925
このように芽が出ているものもある。

さつま芋MiNi白書を参考に・・・消毒は47~48℃の温湯に40分間浸す。
発泡スチールの箱の底には穴を空け、土、腐葉土、堆肥、クン炭などは予め混ぜて置いた。Img_2926
2箱を用意し、左が紅あずま、右が黄金千貫その上にしばらく新聞紙を入れ、ふたをして、布をかけておいた。(昨年同様、温めない方法で、やってみることにする)

さつま芋の栽培は苗作り以外はそれ程、手がかからないので、昨年同様ぐらい栽培したいhappy01

その後、収穫などもあり畑へ行った。この間、風が強かったらしく、立てかけてあった支柱Img_2927も全部倒れていたcoldsweats01
これらを直したり、大根などを植える所を手で耕していたらsweat01sweat01となった。そら豆にも花がと、喜んでいたら、隣ではImg_2928アブラムシも発生・・・ 喜んでばかりはいられないthink

そその・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜さつまいもMiNi白書さつまいもMiNi白書

| | コメント (8)

2011年3月14日 (月)

何もない!?

東北関東大震災から4日目となり、改めて、被害の大きいことに驚いている。そして、避難されている方は寒さの中、食事も思うようにはとれてない様子に心を痛めている。海外からも次々と救援の部隊が到着し、活躍してくれている。本当にありがたいことだ。

昨晩決まり、今日から計画停電となる見込みだが、果たして自分の住んでいる所が、何グループに当たるのかが、TVや新聞をみただけでは区の中でも分かれていて解らない。
色々な情報によると、第3グループのようだが、今日は実施されず、実際には第5グループの一部で実施されたようだ。
喜んで協力はしたいが、細かい地域や予定時間を解るように希望したい。

また、経済的にも痛手を受けるということで日経平均も633.94下がり、上がりかけていた株価も建設株等を除いて大幅に下げた。

ところで、大地震後、初めて近くのスーパーに買い物に行った。駐車場には車、自転車と今までに経験したことない混雑ぶり、中に入って驚いた。レジには長い行列が出来ている。
まずは卵、お米、トイレットペーパー等は売り切れImg_2921 。。。
お肉の所も僅かしか・・・水も全然ないImg_2922 し、缶詰、パン類もない。午後から計画停電の時間帯となるため、混乱を避け、12:00で閉店だそうだ。

さて、明日からはどんなことになるんでしょう!!

| | コメント (6)

2011年3月13日 (日)

絹さやの支柱作りと人参の種まき

地震で絹さやの支柱作りを止めていた。、余震も続いているので、ラジオを携帯しながら畑へ・・・ここで、畑の友達に会ったら、地震で、瓦が落ちたり、お茶碗などの壊れたものの片付けが大変だったそうだ。(しばらくは地震の話題に終始する)

まずは支柱作りを始める。Img_2918 とりあえず、ツルを絡ませる藁も下げてみたが、全部は時間がかかりそうcoldsweats01

明日、雨の予報なので、人参(ベーターリッチ)の種まきをしておこう!!
この間、耕した所へ、すじ播きでImg_2917 、播き、クン炭をかけて、いつものように布をかけておく。
すでに夕日も沈むころ・・・急いで帰らなくてはbicycle

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この間、美味しかったのでと友達が肉まんのレシピを持ってきてくれた。

肉まん8個分を作ってみた。一次発酵をしてる間にあんをつくって、一次発酵、二次発酵共、電子レンジについている機能でやってみたのだが・・・Img_2916 (右が出来あがり)はふくらみが少ないようだthink味はよかったけど・・・Img_2914 Img_2915

| | コメント (4)

2011年3月12日 (土)

3/11の巨大地震・・・

先月NZクライストチャーチの地震にも驚かされたが、この度は国内観測史上最大のM8.8の三陸沖を震源とする地震が3/11午後2:46頃あった。特に津波の被害の恐ろしさは計り知れない。

そして、死亡された方、まだ行方不明の方、被災された方の情報がTVで報道され、被害の大きさにいたたまれない気持ちになる。

その頃私は畑に行っていた。絹さや、スナップエンドウのネットを外し、草が多いので除草をしImg_2912 、追肥と土寄せを済ませさて、支柱でも立てようかと思っていた矢先の地震であった。いつもは畑にいると地震には気がつかないことが多いが、この度は驚いた。
やっとのことで、隣で耕運機で耕している方にジェスチャーで地震を知らせ、2人で揺れのおさまるのを待った。(2人だったので心強かった)Img_2913
その後も余震が続き、家への連絡もつかないので帰宅すると、家では夫がシンピジュームの鉢が下駄箱の上から落ち片づけている最中だった。お風呂の水も周りに飛び散って、本箱の本も投げ出されていた。
我が家はこの程度の被害だったが、瓦が落ちたりしたお宅もあった。

また、早朝には南相馬の親戚の方から無事の知らせがあり、ホッとしたが、勤務していた会社は海の近くにあるらしく、そこに置かれた車は全部津波で流されたそうだ。

いつ起こるか分からない地震ではあるし、まだ余震も続いている。「落ち着いて行動を」といわれているが、いざとなるとそうもいかないものだ。
相当な被害と思われるが、適切な対応をと願うのみである。

| | コメント (8)

2011年3月10日 (木)

じゃが芋植え付け・・・畝が足りない

3/8にじゃが芋を切って乾かしていたら、断面が黒ずんできた。昨晩の低温のためか?定かではないが、早めに植え付けてしまおうdash

予め、耕してあった所に3畝を作った。昨年は8㌔のじゃが芋で5畝、5㌔なので3畝?
何だか計算も違ったみたいだか、それ以前に切り方によっても違ってくるthink
まあ、いい加減な私はぴったり合わせることは到底できそうにない。畝幅は約70㌢、じゃが芋との間隔は30㌢で、その間に油かすと化成肥料を入れて、男爵、メークインと植え付けを・・・すでに4㌔だけでも3畝では足りないImg_2908 coldsweats01

隣はそら豆や絹さやと続いているのでその隣や空いている土地を、急遽、耕運機で耕す。2畝近くを追加し、Img_2910 合計は5畝近く・・・来年こそは上手に合わせたいものだ。

また、今年から畑を縮小したので、隣から「もってのほか」と「アメジストセージ」の株も移動を・・・Img_2911

畑へ行く時は寒いと思っていたのに、作業をしていくうちには汗もでてきたsweat01

| | コメント (6)

2011年3月 8日 (火)

じゃが芋の浴光催芽と思ったが切断も・・・

じゃが芋の浴光催芽をやろうと思っていたが、気温が低かったり、用事があったりで今まで出来てなかった。

やっと暖かい日なのでと思ったが、植え付け日を逆算すると切断面を3~4日乾かしてから植え付けた方がいいそうなので、切断を・・・Photo いきなり植える準備となってしまったcoldsweats01

また、中にはImg_2905 こんな種芋もあったので、外しておきましょう!!

というわけで、ほぼ、植え付け日が決まったhappy01

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

その後、畑へ行くが、昨日の雨で土がやわらかい。
Img_2906 玉ねぎの苗が、気持ち大きくなってる気がする。

やっと、白いルッコラの花も咲きだしたImg_2907

最後の白菜や、聖護院大根、小松菜、芽キャベツ、ねぎなどを収穫した。

| | コメント (6)

2011年3月 6日 (日)

近くの”蔵見学会”へ・・・

我が家の近くに株式会社小山本家酒造という酒造会社がある。いつも何本ものタンクなどを見ているのだが、中はどんな風に?・・・とても興味深かった。

先頃、3/6に”蔵見学会”の案内のチラシを手にした方があり、まとめて申し込んでくれた。Img_2902

そして本日は60名づつ5回に分けての見学会になるようだ。

会社案内によると、創業については
小山屋又兵衛は、宝暦十三年(1763年)播州・宮北村(兵庫県播磨町)に生まれました。

時は江戸時代末期、11代将軍家齋の頃、清酒の本場・灘で酒造りの技術を修得した又兵衛は「最高の清酒を造る」という志のもと、灘を後にして、単独で日本全国を旅しました。
そして、武蔵之国北足立群(現在の小山本家酒造所在地)に良質で豊かな湧き水があるのを発見しました。

創業を決意した又兵衛は文化五年(1808年)、この地で酒造蔵を建設して、本場の技術と恵まれた環境のもと、清酒造りをはじめました。

まず、夫は午前11:00~と私は午後3:00~に人数の関係で分かれていく。入口では本樽酒の振る舞いも・・・帽子をかぶりImg_2894、日本酒のパImg_2896_2ック 詰め作業ラインの見学を。。。

まずはお酒を作る上で大事な精米はここでやってるんですね。
洗米、蒸米、もろみ、発Img_2898酵と・・・このタンクはかなりの階段を上って行くと発酵の変化が見られた。Img_2900

←しぼりで酒粕と原酒に分かれる所みたいですね。

ここではしぼりたての新酒の試飲を・・・

まだまだ、行程の説明もあったが、制御室ではこれらを一括に管理しているそうだ。

いよいよ、利き酒コンテストbottle5種の酒を利き当てると4合のお酒が戴けるそうだが・・・残念ながら2種ハズレ(似てる酒なのでと慰められた)

先月に続いて酒蔵見学が相次いだ。何かすっごいお酒好き見たいですが、実は○○なんです(゚m゚*) まずは近くでも知らなかった酒蔵を見学できて良かったgood

お土産はImg_2903金紋世界鷹のお酒 と限定品の酒粕やお酒も購入してきた。。。

| | コメント (2)

2011年3月 4日 (金)

寒いけど、種まき開始・・・

この間は暖かくなったと思ったら、今度はこの寒さ・・・まさに三寒四温というべきでしょうか!!

暖かくなるのを待っていたが、少し時間があったので、まずは伏見のあまなが、美味タス(半結球レタス)、サニーレタス、サンチュを播いておこう!!
昨年の種まき開始は3/5(暖かい日)だったが、今日は何と寒い(手が凍えそう)Img_2893

今年も温度管理は発泡スチロールに入れふたを閉めておくだけですが・・・そして、種は全て残りだねなので、発芽率も悪いでしょうねthink

発芽待ち 春の訪れ 感じつつ//

| | コメント (8)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »