« 近くてもあまり知らなかった台湾(Ⅱ) | トップページ | 近くてもあまり知らなかった台湾(Ⅳ) »

2010年3月23日 (火)

近くてもあまり知らなかった台湾(Ⅲ)

3/16(3日目)

朝食は6:15からホテルでのバイキング、7:20ロビーへ集合です。
今日は観光は少なそうですが、バスで300㌔走るとか・・・

まずツアー特有の民芸品ショッピング・・・パイナップルケーキ、蓮の実のお菓子、メンマなどお勧めだとか。試食したらどれも美味しかったgood

bus走ってる途中、フルーツを見かける。休憩所でImg_1400_2 パイナップル、なつめ、蓮霧(レンブ)はりんごと梨を合わせたような味一皿NT$50(\150)を食してみる。

台東にて郷土料理の昼食・・・Img_1407_2 お魚あり、カレー味あり、懐かしい味がする。
その近くに旧台東駅があり、線路も残されている。これも日本統治下時代作られたものだそうだ。

Img_1409_2三仙台は台東市の北方約65キロの海中にある三つの島からなる観光の名所で、海水の浸食により離島となった。1887年6月鉄橋が完成したので、海岸から直接歩いて行けるようになImg_1413_2った。

八仙洞は地殻が上昇する過程で海水の浸食を受けたため、大小さまざまな、霊岩、潮音、永安、乾元、海雷などの洞窟ができたと言われている。霊岩寺の前で、狛犬のようにじっと座っている犬を発見・・・コロを思い出したdogImg_1419 

Img_1417_2 こちらが霊岩寺で、このような洞窟がいくつもある。

Img_1424 北回帰線標誌を見学

オプションで阿美文化村でショーを見る。60分ではあるが、結婚式の様子なども分かり、なかなか面白い。1人NT$700(\2000)Img_1431

今晩の夕食はホテル内で広東料理ゆっくりと紹興酒を・・・Img_1440 いつもより、のんびりできたかなsleepy

|

« 近くてもあまり知らなかった台湾(Ⅱ) | トップページ | 近くてもあまり知らなかった台湾(Ⅳ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

一日300キロも移動されたのですか\(◎o◎)/!大変でしたね…私だと身体が持たないかも…ツアーだと仕方ないかな 

投稿: mimi | 2010年3月24日 (水) 09時36分

この日もかなりの強行軍だったようですね。
でも、美味しい食べ物や口にあった食事で疲れも
飛んでしまいますね。
日本統治時代の名残が沢山残っているようですね。
国によってはそれを疎ましく感じているようですが
台湾は友好的に受け止めてくれているみたいでホッとします。

投稿: スロー人 | 2010年3月24日 (水) 10時55分

mimiさん☆こんにちは☆

この日は300㌔でしたが、バスの中でのウツラウツラも疲れ解消になってるのかもしれません。

ツアーは効率がいい半面、1日かなり走ります。私たち以上に乗務する人は大変です。

投稿: よびばあ | 2010年3月24日 (水) 16時08分

スロー人さん☆こんにちは☆

朝、早いのは当たり前になりましたsmileお陰で、モーニングコールや目ざましは要らないくらいです。
何といっても食事が楽しみでしたねgood

これからも日本統治時代の建物が、多く残ってる所を見かけるのですが、うまく残してるというのもある意味で嬉しいですね。

投稿: よびばあ | 2010年3月24日 (水) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近くてもあまり知らなかった台湾(Ⅱ) | トップページ | 近くてもあまり知らなかった台湾(Ⅳ) »