« 絹さやの花も咲きだした・・・ | トップページ | 近くてもあまり知らなかった台湾(Ⅲ) »

2010年3月22日 (月)

近くてもあまり知らなかった台湾(Ⅱ)

3/15(2日目)
朝の予定を聞いてびっくりでしたが、これだけの行程を廻るのでは仕方ないですね。
まず、6:10からホテル内バイキング会場で食事、7:30ロビー集合し、バスにて宝覚寺へ・・・Img_1311 ここで、目を引く大仏は30.1メートルの金色の布袋様。

戦前の日本人の遺骨&遺影&遺品が棚にズラリと並ぶ納骨堂があり、思わず手を合わせる。Img_1314

余談ですが、Img_1313 改修するための瓦は良く見ると日本製ですねimpact

次は台湾一美しい湖といわれる湖日月譚(にちげつたん)北側が太陽(日)の形、南側が月の形をしていることからこう呼ばれる。Img_1326

文武廟は日月潭の湖畔北部にあり、日月潭湖畔観光のハイライトスポットであるとされている。Img_1315_2Img_1341

嘉義北回帰線表誌」を通過して・・・

赤崁楼(せきかんろう)は別名を赤嵌楼、紅毛楼 とも称し、台湾台南市中西区に位置する、オランダ人によって築城された旧跡である。

Img_1348

延平郡王祠(えんぺいぐんおうし)は、開山王廟(かいざんおうびょう)ともいい、台湾・台南市中西区開山路にある鄭成功を祀る祠です。Img_1353

まだまだ続きます(A;´・ω・)アセアセ

澄清湖中国の西湖八景をイメージして開発された人造湖。見どころのひとつは九曲橋。悪魔はまっすぐにしか歩けないという言い伝えから、魔よけのために9つの橋がジグザグに架けられている。(側面から撮ってみました。九曲が分かりますか?)Img_1366

蓮池潭のシンボルは龍虎塔と名づけられた七重の塔。巨大だが愛嬌のある龍と虎の像を従えた一対の塔。(疲れたので、龍から入って、塔には上らず虎から出ただけ)

Img_1371バスで寿山公園 へ登り、夕日を眺める予定が、夜景を見ることになりました。夕食の後は六合夜市散策も・・・目がいくのはやはりImg_1392 、この野菜ですねsmile

早くホテルへ到着したい(゚m゚*)その前に22:00 から1時間のマッサージの予約をしてもらい、NT$1000(3000円)で・・・疲れが吹っ飛びました(._.)アリガト

明日は軽やかにいきましょうかsleepy

|

« 絹さやの花も咲きだした・・・ | トップページ | 近くてもあまり知らなかった台湾(Ⅲ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

一日にこんなに沢山の見物は疲れたでしょう。
強行スケジュールですね。
食事の時間などは十分にあったんでしょうか。

夫々名所なんでしょうが、初めて聞く名前ばかりです。
あちらはもうゴーヤが市場に出回っているんですね。
気候の違いが想像できます。

投稿: スロー人 | 2010年3月23日 (火) 21時47分

スロー人さん★こんばんは★

私もびっくりでしたw(゚o゚)w
元気でないと、とてもとても行けませんね。

考えてみたら、昼食のこと触れてませんが、飲茶料理を美味しくいただきました。

やはり、ゴーヤに目が行きましたが、ゴーヤ料理は1度も出てきませんでした。
夜市は氷川神社の十日市の雰囲気と似てました。これが毎晩続くみたいですね。

投稿: よびばあ | 2010年3月23日 (火) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絹さやの花も咲きだした・・・ | トップページ | 近くてもあまり知らなかった台湾(Ⅲ) »